留学するための大学選び

main-img

ひところに比べ、日本でも海外の大学へ留学する学び方が当たり前になってきました。

エキサイトニュースの情報が満載です。

今はどの大学でも学生交換や留学費用免除のプログラムが用意され、日本の大学に籍を置きながら海外の大学で学ぶことは比較的難しくありません。プログラムの対象者になるような学業成績でなくとも、大学の窓口に相談したり自身で留学を支援している団体や機関・制度を利用することで、必要な費用さえ準備することができれば十分に実現可能なのです。


しかし、どうせ海外の大学へ行くならなるべく安心安全に、また将来のためになるような方法を選択したいものです。
もし高校生のうちから将来的な留学を希望して大学進学するなら、事前に志望する大学のことをよく調べておくことをおすすめします。
どんな大学でも、海外のどこかしらの大学と連携協定を結んでいます。協定があれば費用が抑えられたり、単位互換が認められたりするケースが多いので時間的にも経済的にも負担が少なくなるのです。

仮にヨーロッパへの大学へ行ってみたいなら、欧米の大学との関係が深いところを選びましょう。

目的に応じた留学の情報ならこちらを参考にしてください。

大学によって交流のある地域は違います。
中国や韓国などアジアの大学との連携を推進しているところもあれば、アメリカ・カナダといった北米中心に協定を結んでいるところもあります。

その大学の学部学科構成や在籍している教員などに関係するところですが、大学のウェブサイトを見れば国際交流をしている大学名は必ず掲載されています。



「どうせ留学するから大学はどこでもいい」ではなく、自分の希望に有利な大学を選択するようにしましょう。

ためになる教育

subpage01

留学をする際、その国の言語や文化や物価について、多くの留学者は調べてから渡航をしますが、つい医療制度については調査を怠りがちです。基本的にヨーロッパやアメリカでは留学生の医療費は高額になりやすく、たとえば歯医者で虫歯や親知らずの治療をするだけで数万円の治療費を払わねばならないことが普通です。...

more

教育をよく学ぶ

subpage02

オーストラリアに留学する場合、学生ビザ保有者でも2周間の間に40時間までという制約を守れば、アルバイトをすることができます。オーストラリア留学といえば、日本とオーストラリアの物理的距離が近く旅費がさほどかからないこと、加えてオーストラリアの主力産業のひとつに教育があるため、全体的に費用が安く済む傾向にありますが、このように滞在中にアルバイトをすることで、ただでさえ安い費用をより節約することが可能になります。...

more

おすすめ情報

subpage03

英語圏への留学に必要なものは大きく分けて資金と英語力ですが、特に後者に関しては留学の形態によって必要となる英語力が異なってきます。たとえば英語を覚えることを目的とした語学留学であれば、全く英語が喋れず聴き取れないという状態でも問題なく各国の語学学校は受け入れて、初心者用のカリキュラムを提供してくれますが、大学で専門的な勉強をするというのであれば、最低限話の内容を理解し、自分の思考を英語で言語化できねばなりません。...

more

教育入門

subpage04

留学中は語学の勉強以外にも、その国のいろんな場所に足を運んでみるといいでしょう。休日や長期休暇を活用して、観光名所を訪れたり、スポーツを観戦したり鉄道を利用して各地を見て回るのもいいかもしれません。...

more